尿漏れに悩む女性の多くは骨盤底のゆるみが関係している

婦人

症状に気づくことが重要

困る婦人

梅毒は母子感染する可能性もありますから、妊娠や出産を望んでいる女性は一度検査を受けてみた方が良いでしょう。母子感染してしまうと早産になってしまったり、身体に障害を持った赤ちゃんが産まれてきたりします。親も、産まれてきた子もとても辛い思いをしてしまいます。ですから、女性はとくに梅毒の検査をしておくべきなのです。
早期発見するためには症状にいち早く気づくことも大切です。まず、感染した場合、性器や口元などの感染した場所にしこりができます。その次は太ももにしこりができますが、2~3週間ほどでなくなります。そういったこともあり、気にせずに放置してしまう方が多いのです。
次に全身の皮膚や粘膜に発疹ができます。これは、梅毒に感染して2~3ヵ月後くらいに起こる症状です。そして感染してから10年後くらいになると脳や身体に麻痺が起こります。近頃はここまで症状が悪化することはないとされていますが、発見が遅れると進行してしまう可能性も考えられます。

基本的に梅毒は性行為で感染するとされていますが、キスや輸血などでも感染の可能性があります。口内炎や歯肉にキズがあるとそこから病原菌が感染しますし、輸血も同様で感染者の針を使いまわしてしまうと感染します。防げることは自身で防ぐようにすることが大事です。性行為をするときはコンドームを付けるなどしておきましょう。
梅毒になるとペニシリンを服用したり、点滴を投与したりとあらゆる治療を受けなければなりません。時間とお金の両方が掛かってしまいますから、予防が肝心です。