尿漏れに悩む女性の多くは骨盤底のゆるみが関係している

婦人

早期発見が大事

医者

梅毒は性行為によって感染するとされています。以前までは不治の病と言われていましたが、近年は早期発見ができれば治療をして完治させることが可能です。しかし、慢性の感染症ですから、何年もの月日をかけて進行していくとされています。さらには、HIVウイルスにも感染する確率が高くなるので、早期発見が非常に重要なのです。不特定多数の方と性行為をしたことがある方は、とくに梅毒の検査を受けて方が良いでしょう。もしも、梅毒だった場合はすぐに専門機関で治療を受けるようにしてください。
従来の梅毒は同性愛者がほとんどでしたが、近頃は女性の感染率も増えています。女性の場合は10~20代、男性だと40~50代が多いです。オーラルセックスの回数が増えている現在は、口周辺にも症状が現れるようになりました。

検査は基本的にSTS検査という方法で行ないます。牛の資質を利用してこの検査は行ないます。スピードが早いですから、すぐに結果を知りたいという場合はこの方法が最適でしょう。しかし、この検査は肝臓疾患や妊娠といった梅毒が関係していないものにも、梅毒判定が出てしまいます。ですから、時間が掛かっても正確な判定が欲しい場合は、違う方法で検査を受けるようにしましょう。

梅毒の検査は保健所で行なうことが可能です。保健所なら無料かつ匿名で受けることができますから、プライバシーが気になる方は保健所での検査がぴったりです。保健所は全国各地にありますから、気軽に調べてもらえます。